犬の噛み癖が治らないと困っている方に向けたしつけ法をご紹介

犬の噛み癖が治らないと困っている方に向けたしつけ法をご紹介
犬の噛み癖が治らないと困っている方に向けたしつけ法をご紹介

筆者は正直なところ、噛み癖で思いのほか辛い経験をしたことが無いのですが、噛み癖に悩まされる飼い主さんのお話しに耳を傾けてみると、子犬の時期にきちんと是正しておかなければ、想像以上に大変な事態に進展しがちになります。

その中でも成犬となってからの噛み癖を改善するというのは、専門家の場合だとしても想像以上に大変な目に会うと聞きます。

筆者単独のリサーチではあるのですが、噛み癖で頭を悩ませる飼い主さんは次に挙げることによって思い悩んでいるとのことです。

  • 手をことあるごとに噛まれている、最悪の場合医者に足を運ぶことすらあります。
  • 昼間は落ち着きがあるが、夕方からは突然の変化をしたりして噛み癖が酷い状態になる。
  • 噛み癖が劣悪で、ブラッシングなど犬のカラダに触れることが難しい。
  • おやつをあげたり、何種類ものトレーニング方法にチャレンジしているが成果が得られない。

犬が噛む理由においては多岐に及びますが、次に挙げる内容が要因として想定されます。

  • 犬自身の不愉快なことをやられている、と思い込んでいる。
  • 犬自身が飼い主に比べて勝っている、と思い込んでいる。
  • 噛むことで気に入らない事を回避することができると思い込んでいる。
  • 怖さや抵抗感があるものから逃避したい、と思い込んでいる。

同様に、噛み癖を改善する事が可能ならば、次の様なメリットが存在します。

  • 飼い主のストレス解消(噛み癖による)。
  • 第三者を傷付ける恐れを回避できる。

ところが、噛み癖を改善するというのはトレーニングの中でもダントツに困難であると言われており、専門家である場合でも改善することに驚くほど苦労すると言われています。

犬の噛み癖にも種類がある

噛み癖にも複数個ケースが存在して、成犬と化してから本気で噛まれて病院で治療して貰うほど酷い場合もあれば、子犬の甘噛だったとしても痛みが強烈なので改善したい、などといった出来事があります。

子犬の頃の甘噛みは多くの場合、牽制をしていて自分は飼い主と比べて勝っているのだ、とでもいうべき本人主義主張の現れで噛んでいる可能性が高いと言われているようです。

もしくは、1歳を経過して、2歳、3歳になっても治らず、力を入れて噛んできたので、医者で診てもらうほど酷い場合、不安を覚えてしまう飼い主の方もいると思います。

どちらにしろ飼い主からしたら、噛み癖はトラブル用件ではありますが、この攻撃的な噛み癖でも持って生まれたケースと後で出来上がってしまったケースのものが存在します。

後で出来上がってしまったケースのものは、何かしら悪い影響を及ぼして噛むという行為を引き上げてしまった可能性が高いです。

加えて持って生まれたケースのものの中で、狩猟犬や、テリア犬種、日本犬については、持って生まれたケースが最も可能性がある犬です。これほどの犬種が本気で噛んでしまうと、医者に足を運ばないと駄目なレベルのケガを被ってしまうなどです。

ただ、持って生まれたケース、後で出来上がってしまったケース、どちらも噛み癖ができてしまうには間違いなく要因が存在します。

犬の噛み癖が酷いケース

ひとつの例として、子犬の頃に暴力を受けた経験がある、我を忘れている場合、持って生まれた性質を引きずり出しがちにしてしまう状況下に放置していたなど。

持って生まれた攻撃性を有している犬が手加減無しで噛む状態になってしまうことで、専門家の訓練者でも改善しにくいと言われています。また犬の状態にもよりますが、直すことが非常に困難だという場合もあります。

それではどのようにしたらベストなのか、持って生まれた犬が手加減無しで噛む状態になってしまった場合、強制して解決しようと試みることはせず、噛むといった行動を引き出ることがないようにしていきます。わかりやすく言うと飼い主側が噛み癖を行なわない状態に予防行為を取るということを意味します。

手を伸ばして噛んでしまう場合、近寄らないようにしている、口を触れた時に噛んで来る場合は口を触らない、抱っこをすると嫌がって噛んでくる場合、抱っこをしない、など、防衛策を実施することが不可欠です。

実際のところ極端かも知れませんが、このような方針を持ち合わせて触れることが大事になります。余すところなく止めなくても、攻撃性を低くする事はかなりの確率で可能といえます。

犬の噛み癖は治る

同様に現実的な改善の方法については、手を伸ばして噛んでくる場合は、手を伸ばしておやつをあげる、口を触った時に噛んでくる場合は、口を触り続けながらおやつをあげるなど、なんでもいいのでベターな方向で理由づけを行うようにしていくことが重要です。

それからは犬のさじ加減を覚える事も重要です。この程度であればOKだろう、それ以上してしまうと噛みついてきてしまう、最初のうちはその犬毎の攻撃度合いを確認するというのも重要です。

けれども、これに関しては結局のところ方式の一例で、生まれ持った攻撃性の高い犬にこれらの手法を用いても改善されない、あるいは逆効果で凶暴性を増加させてしまう恐れが見受けらます。

そういった状況では、完全初心者の方がトレーニングを行うのは困難であると判定できますので、専門家の方に診てもらうのが賢明でしょう。

とりわけ日本犬やテリア犬には、強引にしつけを行なってしまうと余計悪化させてしまう結果が伴う可能性もありますので、肝に銘じることが重要になります。

また、逆に後で出来上がってしまったケースでは、攻撃的な因子が見当たらない、年が若い犬は見事に改善可能な可能性が考えられます。

もしもあなた自身が、噛み癖で苦しんでいるようであれば、次に挙げる教材を1度トライしてみてください。以下でご紹介している専門家の方達は、これまでに何万頭のトレーニング実績を誇るドッグトレーナー陣なので、必ずやあなたの大きな助けとなってくれると思います。

>ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

【結論】筆者の検証評価:A評価「★★★★(優良教材)」 日本一のカリスマ訓練士としてテレビに何度も出演している藤井聡さんの犬しつけDVD教材を購入し検証しました。現在購入を検討されている方は参考になさってください。

CTR IMG