犬が飼い主を噛む理由は飼い主である自分に対し、敵意があるから?!

犬が飼い主を噛む理由は飼い主である自分に対し、敵意があるから?!
犬が飼い主を噛む理由は飼い主である自分に対し、敵意があるから?!

愛犬に噛まれて、そう感じてる人もいないでしょうか。けれど、犬のかむ行動にはアッと驚く、思っている以上な理由があります。自然界で生活している犬は、小さい頃より仲間の犬との遊びを介して「噛むこと」を覚えます。

どの程度の力で噛むと痛いのか?といったさじ加減を覚えていきます。

ところが、生まれた後早い段階から仲間の犬と別れてしまうことが多い今の犬は、仲間の犬と噛むことを介した交流が多くない為、さじ加減を学ば無い状態でに噛みつく本能のみが覚えてしまいます。

同様に、犬は何かしらをする為に、自分達人間みたいに手を使用することが不可能です。口を利用して色んな行為を取らなければならないワケです。

要するに、人と比べて半強制的に噛むにあたる動きが当たり前になってしまうことを、まず第一に知っておくべきです。

犬が飼い主を噛む理由

犬は疑心暗鬼や怯えから飼い主を噛んでしまう。

犬が人を噛むといった動きにおいては、必ずや要因が存在します。ほとんどの場合は疑心暗鬼や怯えという理由であるが故、断じて「飼い主をばかと思ってるので」「人間を見くびっている」わけではないのです。

ひとつの例として、悪戯をしてしまった際に「なぜこのようなことをするの!」と叩かれた。吠えていたら、物を投げられた。これまでに、このような内容の経験をした犬は、飼い主に怯えをもつ傾向が見られます。

そんな恐ろしい人=飼い主が近寄って来た時、犬は「恐ろしいから向こうに行って!」と追い払おうととなってしまい、噛んでしまうということが見受けられます。

どうして犬が噛むようになったのか、それに匹敵するだけの原因の根源を考察し、我々飼い主の振舞いを改善していくことで、噛む頻数は低減するではないでしょうか。

犬が飼い主を噛まないように

飼い主は犬を抑制する行ないを取ってはだめです。噛むことを抑圧するトレーニング方に「叱る」がありますけど、始めのころは叱らずに十分であるやり方を配慮したほうが良いでしょう。

例を挙げると、おやつやおもちゃで注意をそらす、放っておくことをするとという感じの「噛んでも飼い主の気は引け無い」という事をトレーニングすると、叱らずに犬の行動を一変させることが可能となります。

大きい声を出して叱ってしまった場合、心を塞ぎ、“噛む要因”である疑心暗鬼や怯えを抱かせてしまう危険性もあります。愛犬が常日頃からびくびくと恐怖を感じている様子では、私達飼い主と犬との理想的な結びつきは築けません。

正確なトレーニングのやり方をマスターし、犬を抑制する振る舞いを取ら無いようにした方が良いでしょう。

犬が飼い主を噛まなくなったら

犬に微笑んで声をかけ、飼い主の思いを伝える。常日頃から、何気ないおしゃべりでも大丈夫なので犬に微笑んで声をかけ、飼い主の思いを口に出してあげてみることをお薦めします。

犬は、話はできませんが感覚が極めて素晴らしい生き物ですので、私達飼い主の気持ちを、十分に受け取ってくれます。同様に、犬のカラダに触れるときは「おなかを触るよ~」という風に呼びかけてからタッチしてあげると、疑心暗鬼や怯えを感じ無いまま終了し、

「飼い主はボクの心をわかってくれているんだ」と犬の方より心を寄せて貰えるようになっていきます。共に愛情をこめて触れ合うことによって、犬とのライフスタイルがより一層幸せになっていくに違いありません。積極的に、やっていただきたいと思います。

もしもあなた自身が、噛み癖で苦しんでいるようであれば、次に挙げる教材を1度トライしてみてください。以下でご紹介している専門家の方達は、これまでに何万頭のトレーニング実績を誇るドッグトレーナー陣なので、必ずやあなたの大きな助けとなってくれると思います。

>ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

【結論】筆者の検証評価:A評価「★★★★(優良教材)」 日本一のカリスマ訓練士としてテレビに何度も出演している藤井聡さんの犬しつけDVD教材を購入し検証しました。現在購入を検討されている方は参考になさってください。

CTR IMG