愛犬の「車酔いがひどい場合」の対処法とは?

車(乗り物)に弱い犬は多いですよね。愛犬とドッグランに行ったり、病院に連れて行ったりと遠出をする際には、愛犬を車に乗せて行くなんてことは多く有りませんか?ですが、愛犬を車に乗せいざ出発しましたがものの5分で吐いてしまったという経験をしている飼い主さんも多いと思います。今回は犬の車酔い対策方法について解説していきます。

愛犬の乗り物酔いを軽減させる方法とは?

愛犬の(乗り物)酔いを軽減させる方法とは?

まず、ポイントとして2つあります。

  1. 車に乗る2時間前までに食事を済ませておく
  2. 急発進や急ブレーキなどをしない

上記2つを守るだけでもだいぶ車酔いは軽減されます。それでもひどい場合は、病院で酔い止めの薬を貰うと良いでしょう。犬も人間と同じで車のエンジンの小刻みな振動や右折や左折時の揺れなどが原因で酔ってしまいます。ですので、これらを気をつけて運転してあげてくださいね。

最初は5分の距離から徐々に慣らして行くことが大事

最初は5分の距離から徐々に慣らして行くことが大事

そして、もう一つ大切なのが日頃から車に慣らしてあげることです。車にあまり乗ったことが無いワンちゃんは数m先のスーパーに乗せて行ってあげたりと最初は5分でついてしまうような場所へ連れて行き、慣れてきたら、徐々に車に乗っている時間を長くして慣れさせていくということが大切ですよ。一度実践してみてくださいね。

犬を飼う上で必要な知識 ボタン画像