愛犬が「突然、お座りをしてきた時」はどんな時?

ほとんどの飼い主さんが愛犬に「オテ」「オスワリ」「フセ」など簡単なしつけを教えますよね?このような訓練はお互いの信頼関係を高める効果があり、犬も遊びの延長として、多くの芸を覚えてきます。ですが、こういった芸は基本的に飼い主の指示で行われます。飼い主が指示を出していないのに愛犬が自主的にやってきて「オスワリ」をすることがありますがどうしてだと思いますか?愛犬が「突然、お座りをしてきた時」はどんな時か?解説していきます。

まずは愛犬の表情をよく観察してみる

まずは愛犬の表情をよく観察してみる

愛犬がお座りをした理由を知る為には愛犬の表情をよく観察することが大切です。きっとその眼は、キラキラとした目で飼い主を見つめているでしょう。その期待に満ちた表情が表すように、これは飼い主に何か要求があるときに見せる行動です。お願いの内容は「遊んでほしい」であったり「おやつが欲しい」であったりと状況によって様々です。

この要求に気が付かないと愛犬は更にアピールをしてきます

この要求に気が付かないと愛犬は更にアピールをしてきます

もし飼い主が愛犬の要求に気づくことができなかった場合、愛犬は「オスワリ」の姿勢から前足を上げ、後ろ足だけで立つ「チンチン」のポーズをとり更にアピールをしてくるでしょう。もし、愛犬がこのようなポーズをとってきたら何を要求しているのかを考えてみてあげてくださいね。

犬の気持ち ボタン画像