愛犬「「お風呂に入った後、床に体をこすりつける」のは何故か?

犬はネコと違い自分の毛を舐めて清潔にする“グルーミング”を行う習慣がありません。ですので、定期的にシャンプーをしてあげることが必要になりますがお風呂に入れた後床やじゅうたんなどに体をこすりつけるコがいますよね?「せっかくキレイに洗ったのに…」と思ってしまうかもしれませんが、この行動には意味があるのです。愛犬「お風呂に入った後、床に体をこすりつける」のは何故か?解説していきます。

このシャンプーの香りが嗅覚の鋭い犬にとっては嫌でたまらないんです

このシャンプーの香りが嗅覚の鋭い犬にとっては嫌でたまらないんです

犬は嗅覚に優れている動物です。犬用のシャンプーは人間のものに比べて香りは少ないですが、彼ら犬にとっては不自然な香りです。実は、このシャンプーの香りが嗅覚の鋭い犬にとっては嫌でたまりません。なので、地面に体をこすりつけて香りを消そうとしているのです(※自分のニオイを取り戻す為という考え方もありますが…)。

愛犬にとって自分のニオイは人間で言う「身分証明証」と同じです

愛犬にとって自分のニオイは人間で言う「身分証明証」と同じです

犬にとって自分のニオイは身分証明証と同じなんです。なので、シャンプーをして自分のニオイが消されてしまっては困ります。そこで、自分のニオイが染み付いている、床やじゅうたんに体をこすりつけ、自分のニオイを取り戻そうとしているのです。理由があっての行動ですので、香りの強いシャンプーを使ったり、洗う回数を増やすことは逆効果です。こまめに水洗いをしてあげて自分のニオイを残してあげると、床に体をこすりつける回数は減ります。

犬の気持ち ボタン画像