愛犬が「叱っている最中にあくびをする場合」は何を考えている?

愛犬がイタズラをしたようなので叱っていると、何故か大あくびをしています。まるで、『ボク(ワタシ)は関係ないよ』と言っているようですが何故でしょうか?愛犬が「叱っている最中にあくびをする場合」は何を考えているのか?について解説していきます。

自分と相手の気持ちを落ち着かせるためのカーミングシグナルの一つ

自分と相手の気持ちを落ち着かせるためのカーミングシグナルの一つ

叱られているのに欠伸をするなんて人間同士ではありえないことですよね。ですが、犬に限っては話は別です。このあくびという動作も自分と相手の気持ちを落ち着かせるためのカーミングシグナルの一つだからです。何度も言いますが、犬は悪いことをした瞬間に叱らなければ、叱られた理由を理解できません。この犬はイタズラをしてから時間が経過してしまっていたのでしょう。その為、飼い主がなぜ怒っているのか理解ができないのです。

愛犬は飼い主に対して内心「カリカリしないでよ!」と思っている

愛犬は飼い主に対して内心「カリカリしないでよ!」と思っている

愛犬は何で怒られているのかという理由は理解ができませんが、飼い主の機嫌が悪いということは理解ができます。なので、飼い主の興奮(怒り)を鎮めようとなだめるつもりで大あくびをしたのです。ですから、欠伸をされたからと言って更に叱っても意味はありません。ですので、叱ることは止め、こちらも負けずにあくびで返してあげましょう。これが、犬との仲直りのサインになります。

犬の気持ち ボタン画像