愛犬が「歯をむき出しにする時」の気持ちとは?

愛犬を撫でていると、それまで気持ちよさそうにしていた愛犬が、飼い主の方を見ながら歯をむき出した状態になりました。その時、なぜ愛犬は歯をむき出しにした状態で飼い主をじっと見つめてきたのでしょうか?その時の愛犬の気持ちを解説していきます。

実は怒っているのでは無く、愛犬としての“喜び”の気持ちを表現しています

実は怒っているのでは無く、愛犬としての“喜び”の気持ちを表現しています

基本的に皆さんは“歯をむき出しにする=威嚇している”という考えの方が多いと思います。ですが、例だと愛犬は撫でられているだけで何も威嚇する要素は無いはずなのです。ではどうしてなのでしょうか?理由として、実は歯をむき出す表情は怒った時だけではなく、喜びを感じた時にも浮かべる表情なのです。なので、この場合の愛犬としての気持ちは喜びを表現しています。

正反対の怒っている時とそうでない時の見分けるポイントは?

正反対の怒っている時とそうでない時の見分けるポイントは?

歯をむき出す表情でも正反対の二つの意味でとらえることができますが、意味の違いの見分け方もとても簡単です。怒っているときは背中の毛を逆立て足を踏ん張ったりしているのですが、喜びを表現している際は、体の力が抜けています。でも何故このように歯をむき出した表情をしているのに、喜びを表現しているのでしょうか?

この表情は愛犬の“笑顔”を表しています

この表情は実は愛犬が“笑顔”を表しています

この笑顔は野生の犬には無い、飼い犬だけが見せることのできる表情です。犬はとても学習能力の高い賢い動物なので、飼い主が良く笑う方であれば、犬も飼い主を見て『嬉しい時は笑うんだ!』と学び、飼い主の真似をして笑ったような表情を出すようになるのです。その表情を真似して、飼い主と同じように歯を見せながら笑っているんですね。

犬の気持ち ボタン画像