愛犬が「寝ている間に手足がピクピク動く時」は寝ていない?

愛犬がぐっすりと眠っていると思っていたら急に手足がピクピクと動き出したなんてことありませんか?この様に愛犬が「寝ている間に手足がピクピク動く時」は寝ていないのか?について解説していきます。

人間と違い愛犬は一日に12~15時間程眠ります

人間と違い愛犬は一日に12~15時間程眠ります

まず、犬の睡眠について解説しますね。犬は一日のうち12~15時間程眠ります。人間よりもたくさん寝ているんですね。ちなみに、犬の睡眠には2種類あります。それは、脳も体も休んでいる状態である“ノンレム睡眠”と体は休んでいるが脳の一部が活動している“レム睡眠”があります。

これは人間も同じようにありますよね。ちなみに人間も犬も、レム睡眠の状態に夢を見るそうですね。犬の場合はノンレム睡眠は全体の睡眠時間のうち約8割であとの2割がレム睡眠と言われています。

手足がピクピク動く時は“熟睡”しているというサイン

手足がピクピク動く時は“熟睡”しているというサイン

では、なぜ寝ている際に手足をピクピクさせているのかという話に戻りますね。これは、犬にとって“熟睡”しているというサインなんです。私たちからしたら、「夢を見ているのかな?」とか「眠りが浅いのかな?」とか思ってしまいがちですが実はその真逆なんですよね。なので、その時はそっとして置いてあげてくださいね。

犬の気持ち ボタン画像