愛犬が「耳を前後に動かす」仕草にも意味がある?

愛犬との散歩中に道端でネコを発見したとします。その際、愛犬を観察すると耳を前後にせわしなく動かしていることはありませんか?この様に愛犬が「耳を前後に動かす」仕草にも意味があるのか?について解説していきます。

愛犬が「耳を動かす方向」によって意味が変わります

愛犬が「耳を動かす方向」によって意味が変わります

犬が耳を前に倒す場合は、攻撃的な気持ちを表しており耳を後ろに倒す場合は、怯えや服従といった弱気な心を意味しています。話が逸れてしまいましたので、戻しますと愛犬が耳を前後にせわしなく動かしているときの愛犬の気持ちの説明ですが、例にあげました道端でネコに遭遇した場合の事を考えるからして愛犬は判断を迷っていると考えられます。

愛犬は『今目の前にいるネコを追い払いたい、だけどちょっと怖い…』と思っている

愛犬は『今目の前にいるネコを追い払いたい、だけどちょっと怖い…』と思っている

なので、『進むべきなのか引き返すべきなのか』を迷っているのです。耳の動きで感情が揺れ動いている様子を表しているのです。こういった状況になった場合、愛犬が考えをまとめられるまで、待ってあげることも一つの方法です。なので、無理にリードを引っ張って誘導したりなど次の行動をせかしたりしないようにしてあげてください。

犬の気持ち ボタン画像