初めて犬を飼う時に最初に揃えるべき全部で13個の必要な用品とは?

初めて犬を飼うという方は「最初に何を揃えておけばいいのか?」「きちんとしつけができるのだろうか?」など、たくさん分からないことがあると思います。なので、そんな初心者さんの為に愛犬を迎えるにあたって「必要なモノ」や「心構え」等を解説していきます。

初めて犬を飼う前に準備しておくべき必要なモノ全13個

初めて犬を飼う前に準備しておくべき必要なモノ全13個

これから愛犬を迎え入れる際に必要なもの全13個を一覧にしてご紹介します。これらは出来れば愛犬が家に来る前に購入しておいた方が良いでしょう。遅くても愛犬をペットショップで引き取る同日にはお近くのペットショップで購入されることをお薦めします。

1.ケージ(ハウス)

1.ケージ(ハウス)

愛犬の新しい「家」になるものです。このゲージは半分のスペースをベッド(寝床)にして、もう半分はトイレを設置していきます。子犬時代はトイレの失敗は99%有り得ますので、上記の写真の様にゲージの中全体に敷き詰めて上げることをお薦めします。

2.トイレ(いたずら防止のネットがあるものが良いです)

2.トイレ(いたずら防止のネットがあるものが良いです)

写真の様にメッシュのいたずら防止ネットが付いているタイプがお薦めです。上のネットは外れる様になっているので、愛犬がペットシーツでいたずらをしてしまう時は、このネットの下にペットシーツを挟み込みます。汚れたらお風呂場で簡単に洗い流せるので良いですよ。

3.餌入れ

3.餌入れ

愛犬のサイズに合わせて購入して上げてください。写真のエサ入れは100円均一で購入したものですが、カラーバリエーションも豊富で可愛いものが取り揃えてあります。ポイントとしては子犬時期は水分を多く含んだ離乳食をあげますので、こぼれないように多少底に深みがある方が良いと思います。

4.水飲み

4.水飲み

筆者の場合は電源コンセントに指して常時浄水するタイプの水飲みを使用しています。少しでも綺麗な水を飲ませてあげたいと思い、ペットショップで購入しました。2~3000円程で購入出来ますのでお薦めです。安く済ませる場合は100円均一でプラスチックタイプの底が少しある器が売っていますので、そちらでも代用が可能です。

5.ペットシーツ

5.ペットシーツ

筆者の愛犬の犬種はポメラニアンといって「小型犬」に該当してきます。飼われる愛犬の大きさによってペットシーツは“レギュラー”か“ワイド”に分かれてきますので、必要な方を購入して上げてください。ちなみにペットシーツは消臭タイプの強いものにされた方が、部屋に匂いが溜まりにくいのでお勧めです。

6.エサ

6.エサ

エサは初めのうちはペットショップで食べていたものと同じものを与えると良いです。エサを変えたい場合は徐々に新しいものを混ぜて、慣らしてあげましょう。案外用意するものがたくさんあります。総額でいえば、2~3万円位で揃えることができます。(こだわるともっと金額UPしますが…)

7.トリミングするためのブラシ(スリッカーブラシ等)

7.トリミングするためのブラシ(スリッカーブラシ等)

筆者の愛犬(ポメラニアン)の様に毛量が多い子の場合、トリミングブラシは必須です。毎日もしくは2日に1回ブラッシングしてあげないと部屋中に毛が散乱します。反対にトイプードルや毛足が短い子でしたらそんなに気にならないと思いますので、ブラッシング回数は減ります。ブラッシング商品は犬の大きさによって分かれています。

8.ワンちゃん用のウェットティッシュ

8.ワンちゃん用のウェットティッシュ

最初のうちは愛犬が床に粗相をしたり、食べ物を巻き散らかしたりすることが多く有ります。そんな時に便利なのがこのウェットタイプのティッシュです。直接愛犬の身体や口まわりなども拭けるので、汚してしまったりした場合に重宝します。写真の商品は120円程度で売られています。

9.ブランケット(タオルでもOK)

9.ブランケット(タオルでもOK)

愛犬は寝る場所を確保する際に“自分のニオイが染み付いているモノ”または“飼い主のニオイがするもの”に対して、身体を擦りつけるように寝るのが一般的です。愛犬にとって自分のニオイがする場所=心が落ち着く場所、とも言いますので子犬を迎え入れたら、寝床の場所に引いて上げてください。

10.噛んだりできるおもちゃ(歯の生えかけの時期は噛むものを与えましょう)

10.噛んだりできるおもちゃ(歯の生えかけの時期は噛むものを与えましょう)

子犬時代は本当に良く噛みます。壁のコーナーであったり、ソファーなどの家具製品の角だったりと、口に収まる範囲のモノであれば何でも噛んでしまいます。歯が生え変わる為にも必要な事なのですが、噛んで欲しくないものも中にはありますよね。そんな時は“噛めるおもちゃ”を用意して愛犬に与えて見てください。長時間噛み続けてお利口さんになりますよ。

11.ワンちゃん用のお散歩カバンSET

11.ワンちゃん用のお散歩カバンSET

お散歩の際はウンチをしても良いように「トイレットペーパー」と「ゴミ袋」は必須です。愛犬が用を足したら即座に拾って持ち帰れる様に必ず持って行きましょう。散歩カバンはお好みのもので大丈夫ですよ。

12.ワンちゃん用のキャリーバッグ(ペットショップでもらえる場合もあります)

12.ワンちゃん用のキャリーバッグ(ペットショップでもらえる場合もあります)

通常はペットショップでプラスチックケースのタイプのキャリーバッグを貰えることが多いみたいです。筆者の場合はスポーティーなタイプが好きだったので愛犬を購入した際に一緒に買いました。写真の商品はショルダータイプなのですが、愛犬とキャンプや海に行ったりする時に、両手を開けることができるので非常に便利です。

13.爪切り(トリミングサロンで頼む場合はいりません)

13.爪切り(トリミングサロンで頼む場合はいりません)

最初愛犬の爪を切る時は勇気がいるかもしれません。愛犬の爪には白爪と黒爪の2タイプ有るのですが、特に爪が黒いタイプの子は血管と爪の見分けが付かないので結構苦労すると思います。筆者の愛犬のミニチュアダックスの方が黒爪タイプです。ペットショップに行けば数種類か置いてあると思うので愛犬のサイズに合わせて購入して上げてください。

全13個以外で必要になりそうなモノ

首輪やリードはワンちゃんを迎えてから選びに行くことをお勧めします。予防接種が終わっていない仔犬のうちはまだお散歩に行くこともできませんのでワンちゃんがお家に来てからでも十分に間に合います。ですので、ワンちゃんに合うサイズや色を選んであげてくださいね。

犬がお家に来た時からしつけは始まっています

犬がお家に来た時からしつけは始まっています

さて、ワンちゃんを迎える準備は整ったのでいざ、ワンちゃんをお家に連れて帰ったとします。「小っちゃーいッ」「カワイイ」と、はしゃいでしまう気持ちも分かりますがワンちゃんをお家に連れて帰ったその瞬間からしつけは始まっているということを忘れないでください。「まだ子どもだから、しつけはもう少し大人になってからでも…」なんて考えていてはダメです。

犬にとって時間が流れていくことはとても早いのです。なので、お家に連れて帰ったその瞬間から愛犬に色々な人やモノを見せてあげたり、教えてあげたりすることが大切です。こういった犬の社会化が後々犬にとっても飼い主にとっても、良い結果をもたらします。(社交的なワンちゃんに育てることができます)

犬を迎えるということは家族が増えるということです

犬を迎えるということは家族が増えるということです

まず、犬を迎える前に知っておいてほしいことがあります。“犬を迎える=家族が増える”ということです。犬は人間の言葉を理解することができません。ですので、最初のうちはトイレの失敗など粗相をしてしまいます。ですが、決して犬の事を嫌いにならないでください。

愛犬もあなたの家族の一員なんですから少し時間はかかりますが、愛情を持って接しているうちに愛犬もあなたの気持ちを理解してくれるようになりますし、私たち飼い主も愛犬の気持ちが理解できるようになってきます。

愛犬は常に飼い主であるあなたの事を考えながら生活しています。ですので、愛犬に対してたくさんの愛情を注いであげながら甘やかすのではなく、時には厳しくしつけをしてあげていってください。そうすることで、自然と愛犬との絆を構築していくことができます。

犬を飼う上で必要な知識 ボタン画像