1、愛犬をしつける前に最初に理解しておくべきこと

「愛犬をしつけする」=「愛犬の問題行動を止めさせる」は間違いである

一見すると犬をしつけるということは、愛犬に対して「問題行動を止めさせる」や「我慢を覚えさせる」という風に考えがちですが、実は間違っています。「犬」という生き物は人間とは異なる“野生の本能と特性”を持っている動物です。よく飼い主さまの中で愛犬を「擬人化」して接している方が見えますが、愛犬は家族であっても「人間」では有りません。

肝心なのは、愛犬=「犬」という生き物は、どういう本能があって、どんな行動をするのか?また、どの様な心理でいることが本当の意味での幸せなのか?を“飼い主であるあなたが向き合ってあげること”の方が100倍大事となってきます。

筆者も初めて犬を飼ったのが約8年程前になるのですが、最初は愛犬の行動や心理など、全く持って分かりませんでした。「なんでこんなにも吠えるんだろう?」と思ったり、「どうして愛犬はゲージから出しても怒ってるの?」と疑問ばかりが頭をよぎりました。今となっては大体の事は愛犬を見れば察しが付くようになりましたが、ある程度の向き合う時間と愛情が必要です。

愛犬を人間社会に適応させないと家族皆がストレス溜まる

愛犬が人間社会に適応出来ないということは、飼い主であるあなたも、大切な愛犬も大きなストレスを抱えた状態で生活を送ることになります。これは最も避けたいことですよね。愛犬が自発的にあなたや家族、社会(周り)において迷惑をかけない行動を覚えていくことで、人間社会において人間(あなた)をリーダーとして認識していく事が出来ます。

愛犬の心が穏やかで真っ直ぐな心理の状態で行動出来るように、あなたが愛情を持って丁寧に教えてあげる事が、愛犬と楽しく生活を送る条件にもなってきます。

逆を言えば、愛犬に人間社会のルールを全く教えず、本能のままに行動する子に育ってしまったら、あなたも愛犬も豊かな生活を送れないので大きなストレスを抱えてしまいますので注意が必要です。

愛犬が喜んでいるなら“何でもOKでしょ!”と思うならば飼う資格は無い

人間社会においても一緒ですが、分かりやすい例として「子供が喜んでいるなら“何でもOK!”でしょ!」というのは大きな間違いですよね。もし、「え?違うの?」とあなたが思ってしまった場合は、気づかないうちに周りの人達に散々な迷惑を掛けてしまっていることだと思います。

愛犬にも同じ事が言えるのですが、他人や他の犬に迷惑を掛けていても「愛犬が喜んでいるから良いじゃん!」というのは許されることでは有りません。例えばですが、愛犬が他の犬にマウントを取ったり、勢い良く飛びつく、威嚇して吠えるなど、様々なケースが有りますが、それを「否応無くされる側」にとってはこれ程、迷惑な話は有りません。

こういった問題のある行動をきちんとしつけるのも飼い主であるあなたの大事な役目となってきます。筆者自身も家の中にいる時なら大目に見ることはあっても、基本的には“そういった問題行動を普段から起こさせない様にする”ことをいつも心掛けています。いつ、どこで、他の方と突然会ったり、招いたりするか?が分かりませんので日頃から「気づいたら行う」を徹底しています。

家族の一員として愛犬をしつけることは子育てと一緒

しつけを行う行動に対して「愛犬が可哀想だから」という理由でしつけを放棄してしまい、人間社会のルールを学べずに過ごしてしまうということは“結果的に愛犬がもっと可哀想な状態になってしまう”ということです。ルールを守れずにわがままに育ってしまっては、先程もお話しましたが日常生活をしていく中で大きなストレスを抱えてしまいます。

愛犬の寿命は人間の約8分の1と言われており、非常に「短い犬生」において、それでも大好きなあなたと暮らしているのです。いち早く人間社会に適応させ、“本当の意味での自由を与えてあげる”ことが一番大事になってくるのでは無いでしょうか?

その為のルールやマナーです。あなたが愛犬を可愛がってあげたい、と思うのであれば、深呼吸して何から始めれば良いか?を考えることを強くお勧めします。

愛犬に「自由」という権利を与えてあげること“本当の意味で愛犬のしつけ”

私たち人間も社会の中で生きていく上で、「法律」や「ルール」、「マナー」というものが多数存在します。それらを守ってこそ、本当の意味での自由を手にしている、とも置き換えれますよね。この考え方は愛犬にも当てはまってきます。何故なら愛犬は「人間社会の中において共存している」からです。

「犬」であっても他人や他の犬に迷惑を掛けることは許されることでは有りません。ましてや飼い主であるあなたと一緒に居るのにも関わらず、そういった事を平気でしてしまっては人も犬も離れていってしまいます。反対に、きちんとお互いに気持ちよく過ごす事が出来ていれば、同じ様に人も犬もあなたに寄って来てくれます。

あなたが愛犬にとって良きリーダーで有り、愛情を持って育んで上げる事が愛犬にとっての一番の“幸せ”かもしれません。本質を見極めた“真のしつけ”を行っていき、大切な愛犬に対して本当の意味での自由を与えてあげていきたいですね。

愛犬をしつける前に最初に理解しておくべきことの重要性については、森田誠先生のしつけ教材に更に詳しく載っていますので、現在愛犬のしつけで困っている方は、下記より一度内容を確認してみることをお薦めします。

元TVチャンピオン優勝覇者!森田誠先生の愛犬しつけ法はこちらから

→TVチャンピオン優勝覇者!森田誠先生の愛犬しつけ法はこちらから