愛犬の「尻尾が平行になっている」時の気持ちとは?

散歩中に他のワンちゃんと会った際、どちらか一方が尻尾を足の間に丸め込んだらそのコが「自分の方が弱いと認め」サインだということは以前の記事で解説しました。ですが、尻尾を水平の状態でキープした時はどういった心理状態なのでしょうか?詳しく解説していきます。

愛犬同士、お互いの実力を見定めようとしている

愛犬同士、お互いの実力を見定めようとしている

尻尾を水平にキープしている際、尻尾や体に緊張がみられなければ、序列とは関係無く、ただ単に相手に興味を持ったと考えられます。ですが犬同士がにらみ合いをしながら、尻尾を水平にし体全体に力を入れこわばらせている状態ですと、お互いがお互いの実力を見定めようとしています。

知らない犬同士が交わす警戒心の入った挨拶で相手に向かって“どっちが上なのか、勝負してやろう”と語りかけています。このにらみ合いで勝負がつかない場合、ケンカが始まってしまいます。

顔見知りの愛犬同士でも喧嘩が勃発する可能性は有る

顔見知りの愛犬同士でも喧嘩が勃発する可能性は有る

顔見知りのワンちゃん同士でも、おもちゃや食べ物などの取り合いをきっかけに尻尾を水平にすることがあります。この時ワンちゃん同士は、警戒や威嚇というよりもお互いの優劣を再確認しようといった意味でこの行動を行っています。一瞬にらみ合いがあるかもしれませんが、過去の経験から下位の犬が引き下がりますのでケンカが始まることはありません。

犬の気持ち ボタン画像