愛犬が出す「咳払い」にはどういう意味があるのか?

愛犬をハウスで待つように指示した際、愛犬がおとなしくお座りをしながら飼い主の方を見つめ「ワッフォ」と小さく息が漏れるような声を発することはありませんか?この様に愛犬が出す「咳払い」にはどういう意味があるのか?解説していきます。

「今は声をだしてはいけないんだ!」という場面だと理解しているからこその咳払い

「今は声をだしてはいけないんだ!」という場面だと理解しているからこその咳払い

愛犬の「ワッフォ」というつぶやきは、「吠えてはダメ」としつけられた子ならではの鳴き方です。犬自身、「今は声をだしてはいけないんだ!」という場面だと理解しつつ、ついつい飼い主の動きが気になってしまい声を出してしまうのです。人間でいえば、シーンとした空間にいるとき思わずでてしまう咳払いに近いですね。

人間のパートナーとしてきちんとしつけが行き届いている証拠

人間のパートナーとしてきちんとしつけが行き届いている証拠

昔は犬を番犬の為と飼っている方も多く見えましたが、最近は、“番犬”ではなく犬を“パートナー”として家庭で飼っている方がほとんどですね。その為、たいていのワンちゃんを吠えないようにしつけをするようになってきました。なので、きちんとしつけが行われているワンちゃんは大きな声で吠えることはせずに「ワッフォ」といった咳払いのような声を出すことが多いですね。

犬の気持ち ボタン画像