愛犬同士の挨拶で「しつこい!」と嫌われる時の行動は?

犬同士のあいさつの仕方はご存知ですか?犬同士は“お尻のニオイを嗅ぎ合う行動”があいさつとなっています。ですが、愛犬同士の挨拶で「しつこい!」と嫌われる時が存在します。その時の行動とは何か?を解説していきます。

相手の犬の「お尻のニオイ」をひたすら嗅いでいる

相手の犬の「お尻のニオイ」をひたすら嗅いでいる

犬たちはお尻の匂いを嗅いで個人情報(犬ですが)を確認し合うのです。そこから発するニオイは個体差があるのでどのコなのか犬同士確認し合っているんですね。お尻のニオイを嗅ぎ挨拶をすることはいいですが、やはり犬にとって、デリケートな部分でもあります。

なので、あまりしつこくニオイを嗅いでくるワンちゃんがいるとやはり、嫌われてしまいます・・・その時、ワンちゃんは「ヴーヴ」と鳴いて警告を発します。「しつこいよ!」と言っているんですね。

愛犬が相手の犬にしつこく嗅ぎ回していたら注意が必要です

愛犬が相手の犬にしつこく嗅ぎ回していたら注意が必要です

この時にニオイを嗅ぐことをやめることができると良いのですが、止めることができないと、ニオイを嗅がれている方も我慢の限界がきてしまいます。その時は「しつこいんだよ!」と怒り「ガウッ」と吠えかかってしまう場合もありますね。愛犬があまりにお尻をを追い掛け回していたら注意してあげましょう。

犬の気持ち ボタン画像