侵入者に対して「威嚇」の意味を込めた吠え方とは?

室内で飼っているワンちゃんが窓越しに庭に入ってくる野良ネコを発見した際に、けたたましい声で立て続けに吠えることがあります。何故そのように吠えてしまうのかについて解説していきます。

犬は本能的に「テリトリー意識」が強い動物

犬は本能的に「テリトリー意識」が強い動物

犬はテリトリー意識が強い動物です。なので、自分の縄張り内に誰かが侵入すると追い出そうとします。その時ワンちゃんは、鼻にシワを寄せ、歯をむき出しにし、耳と尻尾を上げている状態で「ワワワワワン」とけたたましい声で吠えます。簡単に言うと侵入者に対して、「あっちへ行け!!!」と威嚇しています。

耳と尻尾が立っていれば相手に勝つ自信が有り

耳と尻尾が立っていれば相手に勝つ自信が有り

「ワワワワワン」と吠えている時、耳と尻尾が立てられていれば、相手に勝つ自信があり、かなり強気の状態です。この時に侵入者が近づいてくると、愛犬は攻撃をしてしまいます。(※この時の愛犬は本当に危険な状態なので、相手にケガをさせないように注意し、すぐに対処してくださいね)

耳と尻尾が下がっているときは、怖がっている証拠

耳と尻尾が下がっているときは、怖がっている証拠

ですが、耳と尻尾が下がっているときは、怖がっている証拠なんです。番犬としての義務感から頑張って強そうに見せているんでしょう。ちなみに私の愛犬は一切このように威嚇をしません。たまに、犬としての本能が全くないのではないかと少し心配になりますが。

犬の気持ち ボタン画像