愛犬に対する“犬しつけ”の重要性とこれから飼う方へのアドバイス

そもそも「愛犬のしつけって何故行わなければならないの?」って疑問に思ったことはありませんか?または「犬しつけとはどういったことを、どんな順番で教えれば良いの?」とか、初心者の方や初めて犬を飼われた方にとっては全くわかりませんよね。このページでは愛犬にとってのしつけの重要性と具体的な手順について解説していきたいと思います。

上手くしつけができれば愛犬も飼い主もHAPPYになれる

上手くしつけができれば愛犬も飼い主もHAPPYになれる

まず「しつけ」とはどういった意味があると思いますか?愛犬に行うしつけとは、人間の子供に教えるものと同じで「人間と暮らすうえで必要なルールやマナーを教えること」を指しています。上手にしつけられた犬は社会に受け入れやすいので行動範囲も広がりますし、愛犬にとって楽しいと思えることがたくさん経験することができます。

愛犬が快適に暮らす為に必要なもの=“犬しつけ”

それに、「マテ」や「オイデ」等の指示語を覚えさせることで外出中等に起こる様々な危険から愛犬の身を守ることもできますよね。なので、しつけというモノは「人間にとっても愛犬と楽しく暮らしていく為に必要なモノでもありますし、愛犬にとっても安全で快適に暮らしていく為に必要なモノ」です。

愛犬のしつけは焦ってイライラするのはダメな理由

愛犬のしつけは焦ってイライラするのはダメな理由

愛犬が私たちの指示をなかなか覚えてくれなくてイライラしてしまい怒鳴ってしまったり、落ち込んでしまったりしないでください。愛犬は私たちの言葉を理解できるわけではありませんのでやはり理解する為に時間が必要になります。

それでも一生懸命私たちの要求に応えようとしてくれていますのでゆっくり時間をかけてしつけを行っていくことが大切です。それに、人間同様に犬にも性格や個性がありますので愛犬のペースに合わせたしつけが必要になってきますよ。

愛犬のしつけは愛犬が“子犬”or“成犬”で内容が変わる

愛犬のしつけは愛犬が“子犬”or“成犬”で内容が変わる

しつけで「オスワリ」「マテ」「オイデ」などを教えることも大切ですが、これらは成犬になっても覚えることは可能です。ですが、社会化や最低限のマナーについては早めにトレーニングを開始することをオススメします。何故かというと、一度見について生活習慣や癖、恐怖心や警戒心というモノは成犬になってから改善させるのは、とっても時間がかかります。

「オスワリ」「マテ」等の指示語を覚えさせる前に

ですが、子犬の時に「オスワリ」「マテ」等の指示語を教えるのが悪いという訳ではありません。ただ、指示語のトレーニングばかりに力を入れ過ぎずないように注意してください。社会化期の子犬のしつけであれば「子犬用のしつけ方法」が良いと思います。また成犬であれば「愛犬の問題行動を治すしつけ法」がお薦めです。参考までにご覧ください。

犬を飼う上で必要な知識 ボタン画像