子犬のうちから積極的に「抱っこ」をして散歩に出かけるとどうなるか?

子犬のうちから積極的に「抱っこ」をして散歩に出かけるとどうなるか?これは子犬を育てていく上でとても大切なことです。つまり子犬を「社会化」させる、という行動となってくるのですが「ん?社会化って何?」と疑問に思う方も多いと思いますので、まずは社会化とは何なのかについて解説していきます。

愛犬の「社会化」とは人間社会のルールを教える大切な時期のこと

愛犬の「社会化」とは人間社会を教える大切な時期のこと

一般的に犬が生まれて3~12週齢までの事を「犬の社会化期」と呼ばれています。この社会化期というのは”子犬が素直になんでも受け入れることができる時期”と覚えておいてください。凄く大事な時期です。なのでこの時期に愛犬を様々な人やモノ、他の犬などに慣らしていくことで、些細な事では動じない落ち着いた社交的な犬に成長していきます。

「社会化」が出来ていない愛犬は、成犬後も問題行動を起こしてしまう

反対に、社会化が上手くできていないと、知らない人や他の犬を怖がってしまったり、外出先でトラブルを起こしやすい困った愛犬になってしまうことが多いです。

子犬のうちから積極的に「抱っこ」をして散歩に出かける目的

子犬のうちから積極的に「抱っこ」をして散歩に出かける目的

通常ワクチンプログラムが終了していないと、「免疫力が十分ではない=伝染病にかかりやすい」為にお散歩はダメというのが一般的ですね。ですが、だからといって一切お外に出さないでいると、外の世界の様々な人やモノ、他の犬などに慣れることができません。

十分に社会化がされない=将来的に問題行動を起こしやすい

「十分に社会化がされない=将来的に問題行動を起こしやすい子」にどうしても育ちやすくなってしまいます。「じゃあ、どうやって社会化を行っていけばいいの?」という疑問に対する回答としては、飼い主が愛犬を抱っこして外に連れ出してあげれば良いのです。

ワクチンが終了していない時期は愛犬を抱っこして散歩する

ワクチンが終了していない子犬にとって外にある危険なモノは「他の犬との接触」や「動物の排泄物などが残っている地面を歩く」コトです。ですので、私たちが愛犬を抱っこして愛犬と一緒に外に連れ出してあげるコトは何ら問題はありません。愛犬を抱っこしてたくさんお外に連れ出してあげてくださいね。

社会化期が過ぎてしまったら「社会化」が出来なくなる訳では無い

社会化期が過ぎてしまったら「社会化」が出来なくなる訳では無い

社会化期が過ぎてしまったら「社会化」ができなくなるという訳ではありません。ですが、社会化期を過ぎてしまうと徐々に新しいことを受け入れるのに時間がかかってしまうようにはなってしまいます。でも決して社会化期が過ぎたからといって諦めないでくださいね。

社会化は愛犬の性格によっても大きく左右される

最終的にどれだけ社会性が身に付くかどうかは愛犬の性格も大きく影響してきます。なので決して焦ったり、無理やりに様々なモノに触れ合わせたりせず愛犬の個性に合わせたスピードで社会化を進めていきましょうね。

愛犬の「社会化」の練習は継続して行わないと意味が無い

愛犬の「社会化」の練習は継続して行わないと意味が無い

社会化期にしっかりと社会化をしたからといってその後も継続して行っていかないと意味がありません。たとえ社会化期に上手く子犬を社会化させたとしてもその後はずっと部屋の中であったり閉鎖的な環境で育てていってしまうと子犬の頃に身につけたものはどんどん失われていってしまいます。日常的に色々なモノに触れ合わせてあげることが大切ですよ。

これから社会化期を迎える子犬専用のしつけ法

実際に筆者の愛犬(ポメラニアン)で実践した子犬専用のしつけ法が有ります。“ご褒美”と“褒める”を上手に使って、色々な事を愛犬に教えていくしつけ法です。即効性が高くおよそ1~2週間程度で効果を実感できると思うのですが、筆者の愛犬をしつけた様子をYouTube動画にアップしてみました。ご興味があれば参考にご覧になって見てください。

犬を飼う上で必要な知識 ボタン画像