愛犬の食器を片づけようとした時に威嚇されるのは何故?

愛犬の食べ終わった食器を片づけようと、手を近づけた時に愛犬が「ヴーヴー」っと威嚇してくる、なんて話はよく聞きますよね?そう威嚇させない為にも愛犬への食事の与え方が重要なんです。今回は愛犬への食事の与え方について解説していきますね。

愛犬も人間同様に食事は落ち着いて取りたい

愛犬も人間同様に食事は落ち着いて取りたい

愛犬が落ち着いて食事ができる場所を確保しましょう。犬も人間同様に食事は落ち着いて取りたいものです。ですので、愛犬が落ち着いて食事をとることができるような場所を見つけてあげましょう。「じゃあどういった場所が良いの?」と思いますが、正直な所、愛犬の落ち着ける場所であればどこでもOKなのです。例えば、愛犬をハウスに慣れさせる為にハウスの中で食事を与えるというのも良いと思いますよ。

人間の手からは良いモノ(食事・おやつ)が出ると教える

人間の手からは良いモノ(食事・おやつ)が出ると教える

人間の手からは良いものが出てくるものだと、愛犬に思わせることが大切なんです。愛犬の食事後にも関わらず、「食器を片づけようとすると威嚇してくるコ」って案外多いんですね。それは愛犬が、「人間の手は食事を取り上げるモノなんだ!だから取られないようにしないと!」といった具合に、間違った認識をしていることが原因です。

わがままな愛犬や気性の荒い愛犬の飼い主さまこそ、根気よく続けることが大事

なので、そういった間違った認識を変える為にも、「人間の手は取り上げるモノではなく、良いモノ(食事・おやつ)が出てくる」というように愛犬に覚えさせる必要が有ります。わがままな愛犬や気性が荒い愛犬の飼い主さまは最初苦労するかもしれません。

今までの愛犬の認識を変えるには、飼い主の手からフードを継ぎ足す

今までの愛犬の認識を変えるには、飼い主の手からフードを継ぎ足す

これは、愛犬への食事の与え方を少し工夫するだけでOKです。例えば、食器に入れるフードの量を少し減らして、愛犬が食べている最中に少しずつ私たち飼い主の手から、フードを継ぎ足していってあげてください。これを毎日続けていくと愛犬は「飼い主の手からは、良いモノが出てくる!」と認識が少しずつ変化してきます。もちろん、直接手からフードやおやつを与えることも効果的ですよ。

愛犬の食事中は絶対にご飯(お皿)を取り上げない

でも気を付けて欲しいことが1つあって、愛犬の食事中は絶対にご飯(お皿)を取り上げないでください。こういった行動を取ってしまうと、愛犬は「人間の手は食事を取り上げるモノ」と間違った認識を持ってしまい、威嚇だけではなく、噛み付いてきてしまうようになる可能性があります。なので、愛犬の食事中は絶対に邪魔をしないでくださいね。

犬を飼う上で必要な知識 ボタン画像