愛犬の健康の為に正しいフードの知識を身に付ける必要はある?

あなたは愛犬にどんなフードをあげていますか?最近は「ドライフード」「ウェットフード」「手作り」など、ご家庭によって愛犬の食事は様々ですよね?そして、それぞれのフードのメリットやデメリットもあるコトを知っていますか?そういった愛犬のフードについての正しい知識を持ってくださいね。

愛犬に必要な栄養を満たした食事を与えることが大事

愛犬に必要な栄養を満たした食事を与えることが大事

昔は犬に人間の残り物を与えることは一般的でしたが、犬にとって人間の食事は塩分や脂肪が多すぎて体に良くありません。本来犬は肉食で、人間とは消化器官の構造やもちろん大きさも違っています。そして、必要としている栄養量にもかなりの違いがあります。

成犬の必要栄養量(成人男性を1とした場合)

  • タンパク質:4倍
  • カルシウム:24倍
  • リン:20倍
  • カリウム:24倍
  • 鉄:8.5倍
  • 亜鉛:5倍
  • ビタミンA:3倍
  • ビタミンD:4倍
  • ビタミンB1:1.3倍
  • ビタミンB2:2.3倍
  • 塩分:0.5倍
  • ナイアシン:1倍

犬と人間とでは必要な栄養量がこんなにも違うんです。それに、人間の食事と同じように味の濃いものを与えていると、肥満や腎臓病などの重たい病気にかかったりしてしまうので、偏食の原因となってしまうので注意が必要です。

愛犬用ドッグフード&ウェットフードと手作りご飯との違い

愛犬用ドッグフード&ウェットフードと手作りご飯との違い

多くの方は市販のドライタイプのドッグフードを愛犬に与えていると思います。ですが、犬はウェットタイプのドッグフードの方が食いつきは良いです。その他に愛犬の食事を手作りしている方も中には見えますよね?どの食事を愛犬に与えるかは飼い主の自由ですが、それぞれの食事のメリット・デメリットについてきちんと把握しておいた方が良いですよ。

1、ドライフードのメリット・デメリットは?

水分含有量が10%以下のものが当てはまります。これらは比較的「保存性は高い」ですが、開封すると酸化が始まりますので数週間で使い切ることができるように小袋での購入が良いです。大きなデメリットはないですが、ただ愛犬によっては食い付きが悪いのが難点ですね。

 2、ウェットフードのメリット・デメリットは?

水分含有量75%以上のものが当てはまります。ウェットタイプはニオイが強く、肉の触感がある為愛犬の食いつきは良いです。ですが、価格はドライタイプのものよりも高くなります。また、歯の間に食べかすが残りやすいので歯石や口臭の原因になりやすいので定期的な歯磨きが必要になります。

3、手作りご飯のメリット・デメリットは?

これらは使用した食材を把握でき、添加物を最小限に抑えられますし、常に新鮮なモノを与えられるのがメリットです。ですが、犬の栄養について正しい知識を持っていることが必要。知識が無い方はドライタイプやウェットタイプのフードを与えましょう。

愛犬の成長に応じて食事を変えることも必要

愛犬の成長に応じて食事を変えることも必要

ペットショップに行くとドッグフードでも「子犬用」や「成犬用」、「シニア犬用」と種類が分かれていますよね?これらは犬の成長によって必要な栄養量が違う為分けられているのです。ですので、愛犬の成長過程にあったモノを与えることが大切ですよ。それに、食事の回数も愛犬の成長度合いによって変わってきます。

パピー(子犬)に関しては成長別で変わる

例えば成犬の場合、食事回数は1日に2回でOKですが、パピー(子犬)の場合はまだ消化器官が発達していないので、成長に合わせ3~5回に分けて与えることが必要になります。

昼間に誰も家に居ない場合はコングが便利です

昼間に誰も家に居ない場合はコングが便利です

そういった場合は、「コング」を使うと良いですよ。コングは犬用の知能おもちゃで、コングの中にフードやおやつを入れることができます。中に入れたフードは一気に出てくることはありませんので愛犬も楽しみながらフードを食べることができます。留守が多い家庭は「コング」を取り入れましょうね。

犬を飼う上で必要な知識 ボタン画像