あなたの“愛犬とのコミュニケーションの取り方”は本当に合っているのか?

あなたは愛犬とどの様にコミュニケーションを取っていますか?本当にあっているのかと悩んだりしていませんか。間違ったコミュニケーションの事例を4つご紹介します。いますぐ改善することで愛犬との信頼関係が良くなっていきます。筆者も実際に体感していますのでお勧めです。

愛犬とのコミュニケーションでやってはいけない「4つのNG事例」をご紹介します

愛犬とのコミュニケーションでやってはいけない「4つのNG事例」をご紹介します

まずは、間違ったコミュニケーションの取り方から解説していきます。愛犬と日常生活を送る上でついつい行ってしまいがちな内容が含まれています。

1、愛犬に“四六時中かまいっぱなし”でいる

1、愛犬に“四六時中かまいっぱなし”でいる

愛犬とのコミュニケーションの取り方はただ単に「かまえばいい」という事ではありません。愛犬もかまわれ過ぎると疲れてしまいます。それに、飼い主とベッタリし過ぎで依存心を高めてしまい1人でお留守番ができなくなってしまう可能性もあります。ですので、愛犬が1人で過ごす時間を作ることが大切となってきます。

2、乱暴な接し方はしてしまう

2、乱暴な接し方はしてしまう

小さなお子さんがいるご家庭は特に注意して欲しいのですが、尻尾や耳を引っ張ったり、叩いたり、頭に何かを被せたりと子どもが愛犬にいたずらをしている場合は注意をしてください。こういった行為を繰り返し行っていると、愛犬が噛み付いてくる可能性もあります。

3、愛犬に威圧感を与えてしまっている

3、愛犬に威圧感を与えてしまっている

私たちが悪気はなくとも、愛犬に恐怖心を与えている可能性があります。例えば、正面からいきなり頭を撫でたり、後ろから急に触ったり、覆いかぶさったりする行為は犬からしたら威圧的な行動です。なので、子犬のうちは特にこういった行動はとらないように注意をする事が必要です。

4、前足をつかんで立たせたり、抱き上げたりしている

4、前足をつかんで立たせたり、抱き上げたりしている

これは今すぐにやめましょう。愛犬の関節を痛めたり、落としてケガをしてしまう可能性があります。愛犬を抱き上げる時は必ず両手で体全体を支えてあげた方が良いです。

愛犬とのコミュニケーションで抑えておきたい3つのポイントをご紹介します

愛犬とのコミュニケーションで抑えておきたい3つのポイントをご紹介します

ここからはあなたと愛犬がどの様なコミュケーションを取った方が効果的なのか?について解説していきます。今すぐにでも実践できる内容が多いのでぜひ取り入れてみてください。

1、母犬や兄弟犬の代わりとなってたくさん遊んであげる

1、母犬や兄弟犬の代わりとなってたくさん遊んであげる

子犬は母犬や兄弟犬と一緒に暮らしているのであれば走り回ったり、転がってみたりと1日中遊んでいます。こういった遊びは、子犬の成長にとても大切な過程なんです。私たち飼い主は母犬や兄弟犬の代わりとなってたくさん遊んであげることが大切です。

2、「自分の名前」や「家族の名前」など言葉を投げかける

2、「自分の名前」や「家族の名前」など言葉を投げかける

また、室内犬の場合は私たち人間の言動を良く観察しています。その中で愛犬はいろいろな事を少しずつ学んでいき、「自分の名前」や「家族の名前」、「ごはん」や「お散歩」などたくさんの単語を覚えてきます。なので、私たちが愛犬にたくさん話しかければかけるほど愛犬はたくさんの単語を覚え、私たちとの関係もより親密になります。

3、話すときの声のトーンや表情、動作などを見せる

3、話すときの声のトーンや表情、動作などを見せる

もちろん犬は、単語は理解ができても文章は理解できません。ですが、私たちが話すときの声のトーンや表情、動作などから私たちの気持ちを読み取り、一緒になって喜んでくれたりするようになります。

愛犬との正しいコミュニケーションまとめ

愛犬との正しいコミュニケーションまとめ

優しくなでてあげることも上手くコミュニケーションをとるポイントです。犬の多くは、撫でてもらう事が大好きです。なので、犬が気持ちいいと思うポイントを優しくなでてあげましょう。

犬が気持ちいいと思うポイント

  1. 後頭部から背中
  2. 口元から耳
  3. わき腹
  4. 首から胸

以上の4か所です。

犬が触られることが苦手な部分

  1. 鼻先
  2. 足先
  3. 尻尾

以上の3か所は触られることが苦手です。

基本的に犬は体の先端部分(足先等)を触れるのが苦手です。なので、触れられることに徐々に慣らしていってあげることが大切です。愛犬が気持ちいいと思うポイントはそれぞれ違いがありますので愛犬をよく観察して気持ちいいと思うポイントを見つけていってあげてください。

もし愛犬とのコミュケーション不足で問題行動を起こしてしまっていたら?

もし愛犬とのコミュケーション不足で問題行動を起こしてしまっていたら?

これまでに取り上げたコミュケーションでは既にどうにもならない位に問題行動をしてしまっているのであれば、直ちに改善が必要となってきます。その場合は先程ご紹介した事例に付け加えて「ドッグトレーナーの森田誠さんが行っているしつけ方法」を実践してみてください。筆者の愛犬(トイプードル)も同じ様に悩んでいましたが、1~2週間ほど頑張れば見違えるほどお利口さんに変わっていきます。参考にしてください。

犬を飼う上で必要な知識 ボタン画像