子犬のしつけで噛む癖を治すためには「主従関係」を十分に築くこと

子犬のしつけで噛む癖を治すためには「主従関係」を十分に築くこと

子犬のしつけで噛む癖を治すためには「主従関係」を十分に築くこと
子犬のしつけで噛む癖を治すためには「主従関係」を十分に築くこと

噛み癖がない犬に成長させる際に最も大事な点は、「主従関係」を十分に築くことが必要不可欠です。犬は飼い主を噛むと言う事から、間違ったプライドを付けていくと考えられます。

飼い主がズキズキ傷む、つらいといった動きを行うと、犬は自分自身が飼い主よりも勝っていると自信満々に勘違いしてしまうことになります。

この状態は犬の動物的な特徴で、標的を噛み付いて標的が痛がっている様子に目をやると、自分が標的よりも強いと誤解してしまいます。

この部分の見抜く技能は犬は非常に強いということから、噛まれて痛がっている様子を犬が目にした瞬間に、自分の方が飼い主と比べて身分が上位であると決め付けます為に、そのタイミングで主従関係が悪化しているわけです。

常に歯痒い為、歯のかゆみが無くなれば改善するといった考え方が存在します。この状況は必ずしも誤った認識とは異なりますが、この他の認識として、標的に牽制をする事で噛んでいつ可能性も存在すると、考えた方が良いです。

子犬の噛む癖をしつける前に

子犬の甘噛みの時期より、犬は相手が自分と比べて上か下かを考えていると思ってください。

その為、子犬の甘噛みの時期より、噛めない、噛んではダメであるという認識を与え、噛めないといった状況でトレーニングすれば、ある程度落ち着いた性格に変えるということが可能となります。

ですが、あらゆるもの噛むことが出来てしまう、噛んでも咎められないといった甘やかした状態で成育させると、不必要に攻撃性を引き上げてしまう危険があります。

従って、日常的に噛んでは駄目であるといった対応の仕方で触れ合うことが必要不可欠です。これまでにお話した接し方を行うよう心掛ければ、自然に安定感がある子に成長して行きます。

同様にしっかりと覚えていただきたい内容が、暴力を振るったり、恐怖心を煽るような行動は無条件に控えることを意識しましょう。殴打したりしてしまうと、飼い主が襲撃をして来た、ケンカをして来たと勘違いし、以前にも増して酷く攻撃性が膨らむ恐れが見られます。

噛まれた場合でも確実に暴力を振るわない、同様に痛いといった弱点を飼い主はまかり間違っても目に入れないと、噛まれても動じずに凛とした態度で触れ合うことが重要です。何と言っても、犬の噛み癖は第三者に危害を加える恐れがあると思いますので、確実に改善することが必要不可欠です。

それに加えて、噛み癖には持って生まれた要因、生まれ育っていく過程で引き起こった要因、様々な元凶が考慮されるため、異常なほど酷いケースはプロの訓練士にアドバイスを求めることが重要です。

もしもあなた自身が、噛み癖で苦しんでいるようであれば、次に挙げる教材を1度トライしてみてください。以下でご紹介している専門家の方達は、これまでに何万頭のトレーニング実績を誇るドッグトレーナー陣なので、必ずやあなたの大きな助けとなってくれると思います。

>ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

【結論】筆者の検証評価:A評価「★★★★(優良教材)」 日本一のカリスマ訓練士としてテレビに何度も出演している藤井聡さんの犬しつけDVD教材を購入し検証しました。現在購入を検討されている方は参考になさってください。

CTR IMG